サービス利用規約

楽天カレンダートップ > ヘルプトップ> サービス利用規約

楽天カレンダーサービス利用規約

第1条(総則)

  • 本規約は、楽天株式会社(以下「当社」といいます)が楽天カレンダーの名称の下に提供するカレンダーサービス、イベント情報管理サービス、その他のサービス(以下、「本サービス」といいます)に関し、本サービスを利用される方(以下、「利用者」といいます)が、遵守すべき事項および利用者と当社との関係を定めるものです。尚、利用者には、カレンダーの作成・運営等、自ら管理者となって本サービスを利用する方(以下、「管理者」といい、管理者が本サービスを利用して管理するカレンダーを以下、「管理カレンダー」といいます)のみならず、管理者が公表した管理カレンダーを閲覧する方(以下「閲覧者」といいます。)が含まれます。
  • 利用者は、本規約の他、本規約の下位規約、本サービスのガイドライン等を遵守するとともに、利用者が楽天会員である場合には、楽天会員規約を遵守するものとします(利用者に適用される規約、ガイドライン等を総称して以下、「本規約等」といいます)。
  • 当社は、利用者が本サービスを利用した場合、当該利用者が本規約等に同意したものとみなします。

第2条(自己責任の原則)

  • 当社は、本サービスにより、利用者が自ら情報を掲載してイベント情報を管理できるカレンダーおよび、カレンダーを公開することで他の利用者とイベント情報を共有することができる機能を提供しますが、利用者がカレンダーに掲載した、文字情報、画像情報、その他一切の情報(以下、「カレンダーデータ等」といいます)について、これを管理しまたは監視する義務を負いません。
  • 利用者は、自己責任のもとで本サービスを利用するものとし、管理カレンダー及びカレンダーデータ等に関連して他の利用者その他の第三者から、問い合わせ、クレーム、請求等があった場合、当社がこの対応に関与しないことを了承し、自己の責任でこれに対応するものとします。
  • 利用者は、管理カレンダー及びカレンダーデータ等に関連して、他の利用者その他の第三者に、損害または不利益を与えた場合、自己の責任と費用においてこれを賠償するものとします。尚、利用者の管理カレンダー又はカレンダーデータ等に関連して、万一当社が損害または不利益を被った場合、利用者は当該損害または不利益を賠償するものとします。

第3条(管理者の責任)

  • 管理者として本サービスを利用できるのは、当社所定の方法に従って、楽天会員登録を行うとともに、本サービス利用のための登録を行った個人に限られます。なお、管理者は、登録事項に変更があった場合は、当社所定の方法に従い、速やかに変更手続きを行うものとします。
  • 前項に基づいて登録された管理者の情報については、当社が別途定める「個人情報保護方針」に従って取り扱われるものとし、管理者はこのことに同意するものとします。
  • 20歳未満の未成年者が、管理者として本サービスを利用する場合、事前に保護者の同意を得るものとします。
  • 管理者は、当社から管理者に対して、本サービスに関する連絡その他の通知が、管理者が登録した電子メールアドレス宛になされることを了承し、定期的に当該電子メールアドレス宛の電子メールを確認、閲読するものとし、対応が必要とされる場合には速やかに適切な措置を講じるものとします。
  • 当社が別途指定したイベント情報(母の日、父の日、敬老の日、クリスマスイブ、ホワイトデー、バレンタイン、ホワイトデー等)及び、管理者が当社所定の方法にて管理カレンダーに登録したイベント情報については、当社より管理者へリマインドメールが送付されます。なお、リマインドメールには、イベント情報の告知に加え、当社又は当社のグループ企業が運営するサービスに関連した広告が掲載されている場合があります。
  • 本サービスにて提供されるカレンダーは、所定の設定を行う事により、他のウェブサイトに貼り付けることが可能です(全てのウェブサイトに対応しているわけではありません)。カレンダーをウェブサイトに貼り付ける場合、貼り付け先ウェブサイトの規約への抵触、技術的なトラブルの発生等、貼り付けによって生じる問題について、当社は一切責任を負いません。管理者が問題の有無等を確認の上、自己の責任の下でご利用下さい。

第4条(著作権)

  • 本サービスに関わる知的財産権は、全て当社又は当社に利用権限を許諾した者に帰属するものとします。利用者は、本サービスの利用により、本サービスに関わる知的財産権を取得するわけではありません。
  • 管理者が自ら作成し、自己の管理カレンダーに掲載したカレンダーデータ等の著作権は、当該管理者に帰属するものとします。ただし、管理者が、著作権者から許諾を受けて掲載しているカレンダーデータ等については当該著作権者に帰属します。
  • 当社は、管理者へ通知することなく、本サービスの広告、宣伝を目的として、カレンダーデータ等(但し、管理者が公開しているものに限ります)の全部または一部を自由に利用できるものとします。
  • 管理者が本サービス上で公開しているカレンダーデータ等のうち、イベント情報に関するものは、他の管理者が自己の管理カレンダーに転載できることを、全て管理者は了承するものとします。

第5条(ID・パスワードの管理)

  • 管理者は、本サービス利用のために登録したIDおよびパスワードについて、第三者に知られないよう適切に管理し、定期的にパスワードの変更を行う等、IDおよびパスワードの盗用を防止する措置をその責任において行うものとします。
  • 当社は、ログイン時に使用されたID及びパスワードが登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、当該利用者を真正な管理者とみなし、それが盗用、不正使用その他の事情により、真正な管理者ではない者が利用している場合であっても、それにより管理者が損害または不利益を被ったとしても、一切責任を負わないものとします。

第6条(広告)

  • 当社は、管理カレンダーに当社または第三者の提供する広告を掲載することができるものとします。なお、当社は管理者が広告の掲載を拒否できる機能を提供する場合があります。
  • 広告の内容、デザイン、広告の対象となる商品、広告主その他広告に関する事項は当社の裁量で定めるものとし、管理者はこれに異議を述べることができないものとします。
  • 閲覧者が管理カレンダーに掲載された広告をクリックした場合、当社は別途定める基準および手続に従い管理者に楽天スーパーポイント(以下「ポイント」といいます)を付与するサービスを実施することができるものとします<※ 実施の開始時期は、未定です>。なお、広告にはポイントが付与されないものがあります。
  • 前号に定めるサービスについて、以下の各号に規定する行為は不正行為とし、利用者はこれを行ってはならないものとします。
    (1)管理者本人が広告をクリックすること
    (2)第三者に対して広告のクリックを誘引、推奨または嘆願をすること、その他第三者のクリックを誘発する行為
    (3)ソフトウェア等を用いて機械的にクリックを発生させること
    (4)同一人が繰り返し広告をクリックすること
    (5)管理者が他の管理者と相互に管理カレンダーの広告をクリックしあうこと
    (6)前各号のほか、当社が不適切と判断した行為
  • 前項に定める不正行為があったものと当社が判断した場合、当社は、管理者に対し以下の各号に定める措置をとることができるものとします 。
    (1)広告掲載の停止
    (2)ポイント付与の停止
    (3)既に付与したポイントの取消
    (4)前各号のほか、当社が必要と認める措置

第7条(本サービスの中断)

  • 当社は、システムの保守、システム障害対応、天災等の不可抗力、その他技術上、運用上の理由により、本サービスの提供を中断する必要があると判断した場合、事前に利用者に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断できるものとする。
  • 当社は、前項の本サービス提供の中断により、利用者に損害または不利益が生じたとしても、一切責任を負わないものとします。

第8条(本サービスの変更、終了)

  • 当社は、本サービスについて、利用者に対する事前の通知なく、変更を加えることができるものとし、これにより利用者に損害または不利益が生じたとしても、一切責任を負わないものとします。

第9条(免責)

  • 当社は、利用者のカレンダーデータ等の完全性、正確性、適法性及び有用性について一切保証しないものとします。
  • 当社又は当社のグループ企業がカレンダーデータ等を公表又は通知する場合、当該カレンダーデータ等の完全性、正確性、適法性及び有用性について、当社及び当社のグループ企業は一切保証しないものとします。利用者は当該カレンダーデータ等を参考情報として利用するものとします。
  • 当社は、本サービスの完全性、正確性、有用性等について一切保証しないものとします。
  • 当社は、通信回線やコンピュータ等の障害によるシステムの中断もしくは遅滞、データの消失またはデータへの不正アクセス等により生じた損害または不利益、その他本サービスに関連して利用者に生じた損害または不利益について、一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、当社のウェブサイト、サーバ、ドメイン等から送信される電子メール、本サービスのデータ、広告等その他のコンテンツに、コンピュータウィルス等の有害なものが含まれないことを保証しないものとします。
  • 当社は、利用者に対して、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、その結果について責任を負わないものとします。

第10条(禁止事項等)

  • 利用者は、本サービスの利用にあたり、以下各号の一に該当する行為を行ってはならないものとします。利用者がこれらの行為を行った場合、当社は、当該利用者に対する事前の通知なしに、直ちに、管理カレンダー、カレンダーデータ等の全部または一部の削除その他当社が必要と判断する措置を講じることができるものとし、あわせて当該利用者の楽天会員資格の取消を含む本サービスの利用停止のための措置を講じることができるものとします。但し、当社は、以下各号のいずれかに該当するカレンダーデータ等を削除する義務を負うものではありません。
    (1)本規約等に違反する行為
    (2)法令に違反する行為、法令違反を助長する行為またはそれらのおそれのある行為
    (3)他の利用者、第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは肖像権、著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害する行為、侵害を助長する行為またはそれらのおそれのある行為
    (4)公職選挙法に抵触する選挙活動
    (5)故意に虚偽のカレンダーデータ等を公開する行為
    (6)わいせつな表現、暴力的な表現、差別的な表現、その他公序良俗に反する内容を含むカレンダーデータ等を公開する行為
    (7)マルチ商法、ネットワークビジネス等への勧誘行為
    (8)画像、動画、音楽、ソフトウェアその他のファイルを配信することを主たる目的とするサイトを作成する行為または他の利用者もしくは第三者をそのようなサイトへと誘致することを主たる目的とする行為
    (10)有害なコンピュータプログラム等を公開または蔓延を助長する行為
    (11)他の利用者または第三者に成りすます行為
    (12)当社に登録すべき事項について虚偽の情報を登録する行為または登録事項を真正な情報に訂正しない行為
    (13)本サービスの運営の妨げとなる行為またはそのおそれがあると当社が判断した行為
    (14)前各号の他、当社が不適切と判断した行為
  • 前項の他、管理者が管理カレンダーを利用していないと判断した場合、管理者の登録電子メールアドレス宛に通知を行った上で、管理カレンダーを削除することができるものとします。管理者が、当該通知受領後10日以内に利用継続の意思を回答しない場合は、管理カレンダーの削除に同意したものとみなします。
  • 前2項の措置を講じたことにより、利用者に損害または不利益が生じたとしても、一切責任を負わないものとします。

第11条(本規約等の変更)

  • 当社は、利用者に対する事前の通知なしに本規約等を改定できるものとし、本規約等の改定後は、改定後の本規約等を適用するものとします。なお、利用者が本規約等の改定後に本サービスを利用した場合、改定後の本規約等に同意したものとみなします。
  • 当社は、その判断により、利用者に事前に通知・連絡することなく、本サービスの全部または一部を変更・廃止することができるものとします。

第12条(準拠法、管轄裁判所)

  • 本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本サービスに関連して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


         以上
2008年4月12日制定